いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< 5年に一度のアートの祭典ドクメンタ | main | 本の表紙 >>
10年に一度のアートの祭典ミュンスター彫刻祭
0

    ミュンスター市では10年に一度、町をあげて「彫刻祭」を開催する。私たちはさらに電車でミュンスター市へ。

     

    訪問者は地図を片手に自転車で町中のアートを探しながら巡るのだ。

     

    「おお、これはイリヤカバコフの名作だ。」ゴロリ

     

    アンテナのようにしか見えないが、そこにはカバコフからの暖かいメッセージが書かれているのだ。

    「さあ、みんな。寝っころがって空を見上げてみよう。見上げた空はこれまでの人生の中で一番美しいだろう」

     

    「そういえば最近空を見上げてなかったな。」

     

    そして次はブルース・ナウマンの傑作「Square Depression」。

    ミュンスター大学の化学部の庭に作られているのだ。

     

     

    その庭に掘られた四角錐を見て、いち丸は最近読んだ本を思い出した。

     

    「ヘイ、いち丸。アキレスと亀の話を知っているかい?」

     

    アキレスと亀が追いかけっこをしているんだ

     

     

    アキレスがA地点まで着くとき、亀はB地点に着いている。アキレスがB地点につくと、亀はさらにさきに進んでいる‥そしてアキレスは永遠に亀に追いつく事ができないという話だ。

     

    「でも違うんだ。空間っていうのは、何もないわけではなくて、空間の量子からできているんだ。」

     

    「例えば地球の全ての物質は細かく見ていくと、分子そして原子からできている。それ以上細かくするとその物質ではなくなってしまう。」

     

    「空間も量子からできているから、空間を無限には分割できないんだ。」

     

    「この掘られた空間は空間でもあり粒子のようにも見える‥すばらしい作品は心に残って忘れられないものなのだなあ。」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

    | - | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170141
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE