いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< 誰でもエッシャーになれるアプリ:iOrnament | main | 10年に一度のアートの祭典ミュンスター彫刻祭 >>
5年に一度のアートの祭典ドクメンタ
0

    ベルリンから3時間半、カッセルという都市へ向かう。5年に一度の芸術祭。このシーズンは世界中からのアートファンで町が賑わう。

     

    ここがドクメンタのメイン広場!アルゼンチンのアーティスト、マルタ・ミヌヒン(Marta Minujin)の作品「Parthenon of Books(本のパルテノン神殿)」

    細かく見える点々は一冊一冊の本でできているのだ!

     

    なんと会期中にもかかわらず、もう撤去作業しているので驚く。

    「まだ会期は2日あるのにひどい!」

    と同時にその行動はドイツ人らしいとも思う。

     

    ‥と思ったらそれは誤解だった。

    なんと入場者に本を配っていたのである。

     

    いち丸がもらった本はこれ。

    「トーマスマンのエッセイ」

    「フリードリヒシラーのメアリースチュアート」

     

     

    説明によると‥

    「ナチス時代にこの場所で焚書が行われた。この神殿は10万冊の当時の発禁本でできている‥」

     

    調べてみると確かにそうであった。

    有名なトーマスマンもシラーも当時は禁止だったのだ。

    複雑な思いで本を鞄に入れた。

     

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:アート・デザイン

     

     

     

     

    | 作家たち | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170140
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE