いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< バウハウス聖地デッサウへ | main | ひも絶望工場編2:緊張の第一日目。 >>
ひも絶望工場編1:転職。始まりはいつも突然に。
0

    ベルリンには不思議な噂があった。

    ひもをひたすら結び続ける仕事があると。そして時給は破格の10ユーロも貰えるという‥

     

    もちろん求人案内などにはどこにも載っていない。秘密めいた職場である。私はそれは求職者たちの間で広まる都市伝説だと思っていた。

     

     

    しかしある日、知り合いの知り合いの知り合いから電話がかかってきた。実は彼はひもを結ぶ隊員をやっているのだと明かされた。

    ひもを結ぶ人がどうしても足りないのだと彼は言った。

     

    私は突然面接の機会を得た。

    | ひも絶望工場編 | 20:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170136
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE