いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< 日本大好きデザイナー:トビアスがやってきた | main | ついにドイツ社会に溶け込んだと実感した日 >>
日本大好きデザイナー:トビアスがやってきた:その2
0

    店の内装は急ピッチで進められて行った。店長は「すきやばし次郎」のような高級寿司店を目指している。しかしクールな日本風の内装に作り替えようとすればするほど怪しい雰囲気が醸成されていく。

     

    私は日本人としてなんとかこの勘違いを正さないといけない。責任重大である。

     

    「トビアス、とにかくこの棚と、それからご飯に箸刺すのはよくないよ。」

    「その棚は棚じゃなくて、ご先祖様の霊を祀っているんだよ。物置に使うなんてとんでもないよ!」

     

    しかしトビアスは全く意に介さない。

    「はっはっは。ここは日本じゃないから関係ないね。ていうか君は、霊とかおばけとか信じているのかい?子供っぽいなあ。」

     

    その時、私は、この人とは永遠にわかり合えないのだろうと感じた。

     

     

    しかし、もちろんトビアスにも怖いものがあった!それは意外なものである。

    ドイツの墓場。土葬が多いらしい。

     

    「ウ〜。ブルブル。死者が蘇ってきたら怖いなあ。」

     

    そう。トビアスが苦手なものとは、なんとゾンビなのであった。

     

    | ドイツ漫画 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170127
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE