いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< シルクスクリーンの展示会 | main | 本日の絵 >>
「生体分子の統計力学入門-タンパク質の動きを理解するために-」
0


    ついに共立出版より発売されました。
    「生体分子の統計力学入門-タンパク質の動きを理解するために-」
    Daniel M.Zuckerman/著 藤崎弘士/訳 藤崎百合/訳

    表紙の絵を担当しました。

    素人の私からすると、統計力学はこんなに広範囲な学問を勉強しないといけないの!?とビックリの連続であった。

    表紙には、ヘモグロビンの絵を描いたが、それほど複雑でないこのたんぱく質でさえ、分子の構造は複雑である。
    さらにタンパク質と水とのかかわり合いを考えたり、動きを考えたり、いや水だって酸性だったりアルカリ性だったりするし温度も考慮しないといけないし‥
    考えだすときりがない。
    しかも、タンパク質とは折り畳まれて構造が変わってしまうのだ。
    そんな複雑な事を計算し、理解しようとしている人がいるのだ。
    普段何気なく飲んでいる薬も‥アイデアと計算と実験の末に得られたとんでもない塊なのだ。

    このような世界を知りだすと、当たり前だと思っていた身の回りの物事に疑問を抱いたり、そういう事だったのかと納得したりする。
    裸眼0.3の視力だったのが眼鏡をかけて2.0の視力で世界を見渡せるようになった感覚である!
    | - | 18:55 | comments(2) | trackbacks(0) |
    コメント
    0.2 の視力でいいんでしたっけ^^;?
    | hiroshi | 2014/09/09 12:14 AM |
    マ、マズイ!間違えていました!直しました!
    | いち丸 | 2014/09/09 7:23 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170097
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE