いち丸

図の研究。アート。ドイツ生活。飴細工。
<< 中国の発想の雄大さ | main | 秋の落書き >>
画の巨人:北斎
0
    ベルリンで現在、北斎展がひらかれている。

    90年の生涯に3万もの作品を残し(19でデビューだから、一年に400作以上も!?って、ほんとかな)、森羅万象を描いた北斎。

    展示は時代ごとにわかれて展示されている。
    初期の美人画、狂歌歌本、劇画タッチの読本の挿絵、絵手本、富嶽三十六景時代、そして最後の画狂老人卍時代。

    北斎漫画はガラスケースに入っていて、ページがめくれなくて残念だったが
    データベース化されたものがパソコンでみれるようになっていた。


    「略画早指南」はやばい!
    直線と円で対象をとらえるなんて、当時すごい最先端な試みだったはず。


    女性のお尻が山という文字になっているエッチな文字絵!

    さらに、子供用の玩具絵は作るし、粋な女性が櫛に貼るおしゃれグッズは作るし、布のパターンは作るし、もうとんでもないのである。

    当時オランダなどの国王たちが北斎漫画を読み、またパリでは印象派運動の引き金にもなったという、北斎漫画。

    とにかく計り知れない、世紀の画の巨人に魂をがっつりつかまれた展示なのである。




    JUGEMテーマ:アート・デザイン
     
    | 作家たち | 18:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog2.1-maru.com/trackback/1170018
    トラックバック
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE